会社案内

会社案内

概要

社名 株式会社 東京測振
設立 1970年 7月 2日 (昭和45年)
所在地 〒123-0873 東京都足立区扇三丁目14番34号 アクセスマップ
TEL: 03-3855-5911(代表)  FAX: 03-3855-5921
資本金 40,000,000円
取引銀行 みずほ銀行 三ノ輪支店
役員 代表取締役会長 倉橋 成幸
代表取締役社長 小林 明夫
取締役 倉橋 忠宏
取締役 倉橋 正司
相談役 横井 勇
技術顧問 木下 繁夫
従業員数 営業部門:18名、測振事業部:31名
(技術系:35名、事務系:14名)
業務内容 ・地震観測機器の設計製造・販売
・地震防災機器の設計製造・販売
・地震観測システムの設置工事・点検保守業務
・振動計測に関する委託業務
・データ解析業務
・各種計測機器の設計製造・販売

沿革

1970年・株式会社 東京測振 設立
・日本で初めてサーボ型地震計の実用化
・電子式遅延装置を開発
1974年・アナログ式多チャンネルデータレコーダを開発
・コンピューティング・バイブロメータを開発 (特許取得)
1976年・マイクロプロセッサを計測器に導入
1978年・村松式速度計を開発 (特許取得)
1979年・ディジタル収録装置を開発
・本社工場を荒川区西日暮里へ移転
1981年・建設省より普及型強震計開発の認可
・防爆用加速度計を開発
1982年・小型ディジタル集録装置を開発
1984年・日立エレベータ殿と波動エネルギー式地震計を共同開発
1986年・テレメータを地震観測システムに導入
・超低温用加速度計を開発
・SIセンサを製造開始
1987年・ICカード式地震計を開発 (特許取得)
・サーボ型速度計を開発
1995年・気象庁計測震度計認定
・サーボ型速度計 特許取得
・防災科学研究所F-net観測網にサーボ型速度計が採用される。
1999年・光ファイバ格子式センサを開発
・台湾/東源科技工程有限公司と代理店契約
2002年・台湾気象庁の強震計認定試験に合格
2004年・本社・工場を東京都足立区扇三丁目14番34号に移転
・ISO9001:2000取得
・海上保安庁に海底地震計を納品(大陸棚調査に用いられる。)
2006年・台湾高速鉄道(台湾新幹線)に制御用地震計を納品
・海上保安庁に海底地震計755台を完納
2007年・茨城県八郷町に地震計試験設備を新設
・USGS(アメリカ地質調査所)にてサーボ型速度計の性能試験
2008年・石川県震度情報ネットワークに計測震度計が採用される。
2011年・3000m級大深度埋設用地震計を開発/設置
・インドDISANETプロジェクトにサーボ型速度計観測システムを26セット納品
2012年・東京スカイツリーにサーボ型速度計観測システムを設置
・中国/北京欧華聯科技有限責任公司と代理店契約

ご質問、ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
03-3855-5911(代表) 株式会社東京測振営業部 受付時間:9:00〜17:30(土日祝日・年始年末を除く)

このページの先頭へ戻る

製品カタログ

  • サーボ型速度計
  • サーボ型加速度計
  • 各種センサ
  • ディジタルレコーダ
  • 可搬型計測システム
  • 地震防災対策機器
  • センサ一体型記録計
  • 海底地震計
  • ソフトウエア

関連情報

導入事例 様々な活躍をする弊社製品導入事例